アトピーは治る!

| コメント(0) | トラックバック(0)

私は、小学校六年生までアトピーでした。
そして六年生の終わりに点滴の副作用で顔にひどいアレルギーかぶれを発症し、自分に自信が持てない引込み思案な子として育ちました。
北海道の田舎なもので、良いお医者さんもなく、『アンテベート』という薬を大量に処方されるだけです。

でも、今は綺麗にアトピーも治り、人並みにお化粧もお洒落も楽しんでいます。
何故治ったかを、お話したいと思います。

まず、布団周りは清潔に保つこと。
小学校の時に引っ越す際、布団をはいだら、壁と布団との僅かな隙間に、びっしり5センチ程も埃がたまっていました。
喘息気味だったのも、これが原因だと思います。

あと、『アンテベート』という薬の使い方に気をつける事。
この薬、よく効いて一時的には良くなるのですが、使いすぎると、副作用でかぶれが発症するという、本末転倒な事になるのです。
患部のみに、悪くなった時だけ、を心がけると良いと思います。
また、アレルギー体質で寒冷蕁麻疹などになってしまう方には、DHCのオリーヴオイルをお勧めします。
私はこれを2年使ったら、綺麗に治った上、もう発症しなくなりました。

首周りが荒れて皮膚科に行った時には、シャンプーに気を付けるように言われました。
自分なりに気を遣い、植物由来と謳っているものを使っていたのですが、それが原因だと言うのです。
シャンプーを選ぶ時は、裏面の化学薬品の量をよく見るようにと言われ、帰って使っていたシャンプーを裏返してみてゾッとしました。
何十種類もの化学薬品が書かれていたからです。
なるべく化学薬品が少ないものを選ぶと、首周りのただれは、嘘のようになくなりました。

化粧品は、ファンケルとオルビスがお勧めです。
たどり着くまでに、お化粧をしてはかぶれ、かぶれを隠す為にまたお化粧を厚塗りして…を繰り返していましたが、今はこれで落ち着いています。
使い心地を試してみて、私は両方の良いとこ取りをしています。

メディプラスゲルの商品レポートを見るとこちらもいいようです。

アトピーは、ちょっとした気遣いで治せます!
少しでも、悩んでいる方々の参考になれば幸いです!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://titiecollector.com/mt/mt-tb.cgi/2

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、pjが2013年9月 4日 09:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「産まれてからずっとアトピーこれからも ?」です。

次のブログ記事は「アトピーの夫のストレス軽減のために妻のわたしはがんばる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。